北大阪健康都市等のまちづくり検討特別委員会

 本日は、健都まちづくり検討特別委員会終了後、現地視察へと伺いました。
はじめに、『健都』について簡単に説明させていただきます。​東洋一の操車場といわれた、旧国鉄の吹田操車場跡地30haに、国立循環器病センターを核とした国際級の医療クラスターを作り、健康、医療のまちづくりを進めるというものです。その範囲はJR吹田駅から岸部駅を超えて、なんと千里丘駅まで続きます。公園、図書館、住宅、市民病院、国立循環器病センター、イノベーションパークなど、8街区に分割され、すべて健康・医療をコンセプトに街づくりが進められています。

 すでに吹田市民病院は昨年より開業し、国立循環器病センターも、この7月に開業します。あとは主に『健都イノベーションパーク』の在り方や、高齢者向けウェルネス住宅の内容等につき、議論がなされます。本日の委員会でも申し上げましたが、それぞれ、市民病院を作りました、循環器病センターが移転しました、医療メーカーを誘致しました、だけではなく、それぞれの相乗効果、まさにイノベーションを生み出す仕組みづくりが最も重要だと考えます。吹田モデルといわれる健康都市を作るため、委員会でもしっかりと活動してまいります。
 さて、すべての施設が完成するのは令和3年となりますが、今回は第一街区にある『レールサイド公園』について紹介させていただきます。
国立循環器病センターや吹田市民病院の理学療法士さんの監修のもと、医療メーカーと共同で『健康遊具』を数多く設置しています。また、地面も足腰への負担を軽減すべく特殊なラバーで作られており、あえて起伏をもたせ運動に最適な公園としてデザインされています。
高齢者から子供まで、楽しみながら健康について『体験』できる健都。なんと、大阪市で開催されるG20首脳会議にあわせ、参加各国の保健相が6月28日に視察に来られるそうです。益々注目される健都、そして吹田市にご期待ください。

『いじめ問題』について

 本日、教育委員会より議員を対象とした『いじめ問題』についての説明会がありましたので、簡単に所感を申し上げます。今回の事案については、TVメディア等でも全国的に取り上げられ、吹田市のずさんな管理体制に避難が集中しています。一方、いじめの事象が生じたのは平成27年秋~29年3月のことであり、現在では被害を受けた児童も元気に登校しているとの事です。なにより優先されなければならないのは、被害を受けた児童の『いま』であり『未来』です。SNSなどで様々、情報も錯綜しているようです。メディアを含め、報道や表現の在り方について、その事を最優先に考えていただきたいと思います。
 さて、本件の問題は ➀小学校の日常の管理体制の問題 ➁当該校のいじめに対する組織体制 ➂発覚後の関係児童・保護者への対応 そして、学校を管理する立場である教育委員会が、第三者委員会の設置などの必要な処置を怠った事です。
 第三者委員会の結果だけを見ると、吹田市の管理体制がまったく機能していないと読み取れます。しかし、他市であれば、同様の事象において、当然のように防ぐことができたのでしょうか。被害を受けた児童の事を守ること、そして次に必要なのは再発を防ぐ事です。今回の件につき、文教市民委員会に所属もさせていただき、3人の児童をそだてる親の立場からも、しっかりと向き合ってゆく所存です。

吹田市千里山の警察官襲撃事件について

 本日の早朝に発生した千里山交番の襲撃事件について、吹田市危機管理室に確認したところ、犯人は拳銃(5発が装填)を持って逃走中との事であり、本日の市営施設、および一切の教育活動を中止しています。明日も午前9時までに犯人が逮捕されないかぎり、同様の措置となる模様。犯人の目的は拳銃の強奪とみられていることから、それを『使用』して、さらなる事件を行うことが予想されます。
 重体になられた警察官の回復を祈念いたしますとともに、市民の皆様への影響が及ばぬよう、しっかりと対処しなければなりません。

サイトをリニューアルしました

この度、サイトをリニューアルしました。FBの連携など、皆様に吹田市政について情報を発信できればと思います。
みなさま、今後ともよろしくお願い申し上げます。